離婚相談でスムーズに新生活へ。

浮気における離婚慰謝料

性格が合わないなどという場合には、離婚慰謝料を請求するのは難しいケースもありますが、浮気の場合には離婚慰謝料を請求できるケースもあります。

浮気が原因となって離婚慰謝料を請求する場合には、弁護士を通して手続きを進めた方が上手くいく可能性は高いかと思われます。浮気で慰謝料を受け取りたいという気持ちが強いのであれば、証拠を事前に集めるために、探偵事務所に依頼して写真を撮影してもらったりする事もあるみたいですね。

相手が浮気をしているという事が分かれば計り知れないほど辛い思いをしている人もいると思います。無理して浮気に耐え続ける必要はなく、離婚慰謝料を受け取りたいですね。

離婚慰謝料の詳細は弁護士に尋ねましょう。

注目の弁護士情報

まずは、弁護士事務所が行っている無料相談へ。
相談することで具体的に離婚について向き合うことができます。

あなた自身の離婚相談は信頼できる人に

あなた自身の離婚相談をする場合、いきなり弁護士のところへ行きますか? もしまだ離婚することを悩んでいる段階でしたら、信頼できる友人に離婚相談をするのもひとつの手ですよ。

聞いてもらうついでに、カラオケや温泉へ気晴らしに付き合ってもらうと、気がついたら気持がスッキリして『もうちょっと彼と一緒にいてみて様子を見てもいいかも。』なんて気持ち変わりするかもしれません。

せっかく縁あって一緒になった彼ですから、良いところも悪いところも含め結婚生活を送ってみて下さい。 もうどうしても我慢できない!くらいになってからでも離婚はできます。

モラハラ離婚後について考える

実際にモラハラ離婚を法的に行うという事はそれほど難しい事でもないかと思います。しかし、モラハラ離婚をすると、その後は一人で生活をしないといけません。

ですので、モラハラ離婚をした後の事については、モラハラ離婚をする前の段階から考え始めている人もいる様です。モラハラ離婚をしてから困った事が出てくるというのではなく、可能な範囲で備えておくといいかと思います。

また、その後の生活費については特に気にしている人が多い様で、一人で生活できる様に貯金をするなどして対応している人もいる様です。子供がいる場合に家族みんなの生活を支えるというのは、特に負担に感じている人もいるみたいです。

結婚していても浮気離婚慰謝料に悩むことがあります

結婚していて、配偶者の不貞行為が原因で離婚に至る場合、当然ながら、慰謝料の問題が浮上してきます。 性格の不一致が理由での離婚の場合と異なり、浮気離婚慰謝料には特別の算定の仕方があるのでしょうか。

そもそも、慰謝料というのは、自分が受けた精神的な苦痛に対して支払われるものです。 ただ、慰謝料そのものの金額には明確な基準というのはありません。 その事例ごとで決められるのです。

原因となった浮気や不倫による損害が大きければ大きいほど、浮気離婚慰謝料は高くなるというのが通例です。 また、婚姻期間の長さやその不貞行為の内容、子供がいるかどうか、経済的な事情などによっても、変わってくるものです。

ページトップ